石渡で不動産投資を行う場合

石渡は長野県長野市の北東方向にある地名です。賃貸物件も多く見られる住宅街のエリアでスーパーやホームセンターが立地していて買い物スポットや飲食店も多く見られます。
JR信越本線長野駅があったり長野電鉄長野線やしなの鉄道北しなの線が通り、周辺には保育所や小学校、中学校・高等学校や大学まで見られ病院も近くにあります。

長野県長野市の石渡で不動産投資を行う場合は軽量鉄骨造の2階建てアパートや低層のS造やRC造のマンションが多く見られ築年数は少ないものから30年を超える物件もあるようです。
鉄道路線駅が3路線駅利用可能なものも見られますが、駅からの徒歩時間もそれなりにかかりますのでバスの利用とか自家用車の利用が必要となります。駐車場は無料で利用できる物件が見られ賃料は1Kで3万円といったところが相場のようです。

不動産投資ではワンルームマンションと、アパートやマンションの1棟購入という方法がよく知られています。ワンルームマンションの場合は東京都心などの主要鉄道駅からの徒歩時間が短くて、鉄道路線駅も複数利用でき、駅の周辺にはスーパーとかコンビニなどの利便施設が揃っていてさらにホームセンターや家電量販店、学校や病院、銀行支店や公共機関などがあれば空室の心配もなく将来的に期待できます。この少子高齢化時代に入り若者の層が少なくなっている現状では難しい面を持っています。長野駅周辺は立地条件によっては可能な場合もあるかも知れませんが石渡の場合は交通の便で難しい面を持っているかもしれません。大学のキャンパスがあるとかの状況があれば若者層のうちの学生さんの需要が見込めるかもしれませんが、もし将来的にキャンパスが移転するとかの事情が発生するとやはり空室のリスクを伴うことになります。
不動産投資でアパートやマンションの1棟購入の場合はワンルーム物件よりは空室のリスクも分散されますので、そこの人口構成や間取りとか近くに工場や大きな企業が立地しているなどの状況があれば家族向けの賃貸物件の場合はかなり空室のリスクは少なくなるかも知れません。
自家用車の利用が必要となり、物件には最低でも車1台分以上の駐車スペースが備わっていることが必要になって来ると思われます。従って投資物件を探す場合には地域の人口構成と特徴を掴み、新築物件か中古物件かを実質利回りから判断して選択することが大切になって来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です