不動産投資を行うときの投資物件の選び方

不動産投資ではデザイナーズ賃貸マンションやアパート、オフィスビルなどの収益物件を購入して運用することにより利益を上げていきます。投資物件の選び方として利回りに着目するのは基本であり、高利回りの物件を探して魅力的なものが見つかったら始めるという考え方はよく広まっています。運用している期間に十分な家賃収入が得られることは必須であり、それによって投資物件を購入したときに組んだローンを返済できるようになります。そして、ローンを完済することができれば手元に入る現金も多くなると同時に、後々に売ってお金に換えることができる不動産を自分の資産とすることができます。このような考え方で利回りを中心にして考える投資物件の選び方が広まっていますが、実はそれだけでは本当に効果的な資産形成が行えるわけではありません。同時に考えておかなければならないのが手に入れた不動産をどうするかです。

もう一つ投資物件の選び方として留意しなければならないのが売れるかどうかです。出口戦略を考えておくのは不動産投資の基本の一つですが、意外に多くの人が考慮していない点でもあります。購入した投資物件は永遠に運用できるわけではなく、そのままでは価値が下がっていってしまうので手入れをしていかなければなりません。空室対策も行って入居者を常に確保する努力を続けることになります。それでもなお建物が古くなってしまって目も向けられないような状況になってしまったら、その時点で価値がなくなって赤字経営になるでしょう。不要だから売りたいと思っても、そのような物件では買いたいと思う人もいません。結果的に不動産を獲得したメリットが失われてしまうことになります。売却して利益を得るのは不動産投資による資産形成として重要な方法であり、売れるタイミングを逃さないようにすることが肝心です。

売却するときには高値で売りたいというのが基本です。高値で不動産を売却したいなら見落としてはいけない2つのポイントとして不動産会社を選ぶこと、よくチェックすることが挙げられます。それに加えて重要なのが出口戦略を誤らないことも重要です。投資物件を購入するときにはいつ売るかも考えておき、時期が近づいてきたら不動産会社を吟味して手続きを始めていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です