不動産投資で利回りを基準に物件を選ぶリスク

大きな利益を定常的に得られるようにしたいと考えたら利回りを重視するのが不動産投資の基本として知られています。単純に考えて利益を大きくする手段として優れていますが、リスクもあることは注意しなければならないでしょう。利回りが高いというときには満室を想定していることが多いことと、将来的に売れるかについては考慮していないことの二点を考えた上で高利回り物件を使った不動産投資に乗り出すことが大切です。

通常、不動産の広告などに掲載されているのは単純利回りと呼ばれる指標であり、現状として想定される家賃設定をして満室のときに得られる利益が購入価格の何パーセントに相当するかを計算したものです。しかし、実際には人気がない物件の場合には入居者が集まらずにそれほど利益が上がらない状況ができてしまいます。その対策としてリフォームやリノベーションを実施して、流行りのデザイナーズ賃貸として再生させる、などの費用をかけなければならなかったり、家賃を下げて対応する必要が生じたりするでしょう。すると利益は必然的に小さくなってしまい、購入時点で想定されていたほどの利益を得られなくなってしまいます。また、古い物件ほど修繕費が高くなりやすいため、収入は大きくても出費もそれ以上に大きいという状況ができることも珍しくありません。このようなことも考えた想定利回りを計算して利益を生むことができるかを試算してみることが肝心です。

人気の立地でも都内で売れにくい中古マンションは○○エリアという情報も世の中には流通しています。不動産投資に利用してきた物件は将来的に売って現金にすることがよくありますが、利回りが高いからと言ってこのようなエリアに入ってしまっていると売れなくなってしまうリスクがあります。これは入居者がいるかどうかとの関連性が高く、入居希望者がいないようなエリアの不動産は基本的には買い手が見つかりません。不動産投資をしたいときに入居者がいない物件を選んでも利益を上げられないからであり、経営がおぼつかなくなって売ろうと決めたときにはもう売れない状況になっているということもよくあります。将来的にも需要が確かにあると想定されるエリアを選んで投資物件を探すようにするとこのような失敗を回避可能です。今の利益だけでなく将来についてもよく考えることが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です