不動産投資で会社から推奨される空室対策

不動産投資をしていく上では満員御礼の状況を維持することが重要であり、空室が目立ってきたときには対策を立てなければなりません。自分では良い方法が思い浮かばないというときには不動産管理会社に相談を持ちかけると、その会社として可能な対策について提案してもらうことが可能です。管理の状態が良くないときや入居者募集のあり方が誤っているには最も力になってくれます。清掃の行き届き方や退去時のリフォーム方法、入居者のクレーム処理などを見直すことによって入居者を募ることができることも珍しくありません。しかし、そのような管理体制を少し変えただけで大幅に空室が埋まるということは珍しく、入居者募集のあり方の方を検討しなければならなくなりがちです。

空室対策として管理会社から推奨されることが多いのが家賃の引き下げとリフォームによる価値の付加です。不動産投資を始めた時点とは家賃相場が変わっていたり、老朽化によって価値が低下していたりするときにはこの二つのどちらかで対処しなければならないでしょう。また、賃貸物件を探している人の状況が変化してきたことによりニーズに合っていない物件になってしまっていることもよくあります。家賃の引き下げとリフォームはこのような場合にも有効な対策です。このようなケースではしばしば家賃以外の部分でメリットを付加することにより空室対策を行えることも多く、管理会社から提案を受ける場合もあります。その代表的なものが敷金や礼金を減らして初期費用を軽減するものです。そして、近年着目されているのがフリーレント物件として売り出す方法です。

フリーレント物件にすると入居から数ヶ月間は家賃を納めなくて良いため、入居者としては初期にかかる費用を削減できるメリットが大きいのが特徴です。入居者に大きなメリットのフリーレント物件!大家のデメリットは?という形で大家としては実質的に収入が減ってしまうことや、入居者の質の低下を念頭に置かなければなりませんが、長期的に住んでもらえる入居者を確保しやすい点で優れている対策です。特に契約期間を長くすることによって当面は安定した家賃収入を手に入れられるようになり、空室を気にせずに不動産投資を行えるようになる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です