一戸建て不動産を活用した投資

これから投資をしようとお考えの場合、不動産を活用した投資も視野に入れた方が賢明でしょう。それは現在の低金利時代が関係してきます。以前は、株式や信託、為替などの影響を受けるものが主流でしたが、現在では不動産を活用した投資を行う方が増えてきています。今は過去にないほどの低金利と言われています。その影響を大きく受けていると言えるのが不動産投資なのです。

例えば、マンションの一室を貸し出しランニングで収入を得る方法、または一戸建てを貸し出しマンションよりも高い収入を得るといった方法です。管理上はマンションの方が明らかに個人には向いていると言えます。マンションであれば、オートロックのマンションを選択することで管理自体はほぼ不要ですし、セキュリティも安心することが出来ます。その為、入居を希望する方も多く空室になる確率を抑えることが出来ます。こういった理由から、個人で運用する場合はマンションの方が向いているということが明らかなのです。ですが、昨今の低金利の影響もあり、一戸建ての運用をしやすくなってきているのも事実です。マンションよりも間取りも広く、人気となる一戸建ては初期の投資がかさみます。ただ、セカンドハウスとしてのローンを組むことも、以前に比べハードルが低くなってきているのです。ローンを組む際には自身ですでに持ち家のローンを組んでいる場合、資産として運用するための物件に対するローンはセカンドハウス扱いになってしまいます。そうなると、一番の優遇金利を受けることはできなくなり、少し高めの金利になります。但し、今は金利自体が低くなっている為、ハードルが低いと言えます。

この低い金利時代にローンを組み、将来の資産として運用していくことで以前よりも有用な運用が可能になっています。一戸建てはマンションに比べ管理する部分が少なくなります。マンションの場合は共用部分が存在するため、管理会社へ委託され、掃除などが行われます。ですが一戸建ての場合は基本的に居住者へ一任されます。その為、オーナー自体が実施することはほとんどなく、管理会社への支払も発生しません。その上、間取り自体広いうえに駐車場も完備しているという理由から、マンションよりも高額での貸出が可能になります。トータル的に見た時、戸建の方が明らかに効率が良く、メリットが大きいのです。これからの資産運用として戸建ての貸し出しを考えている場合は、今の低金利の内に進めていくことが賢い選択と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です