サラリーマンが不動産投資を行う場合

サラリーマンは金利が限りなくゼロに近い時代には銀行に預金する気にもならないものですし、かといって将来年金生活を始めるころに安心しておけるかと考えた場合、何か収入の道を考えておいた方が良いことになります。
不動産投資に関してはセミナーも開かれ、毎月家賃収入が入って来るということで興味を持ってこれを受講するケースも見られますが、果たしてこの投資は有効かどうかについては意見も分かれるようです。
短期的な値上がりを狙う投機とは違って資本を投じて長期にわたって管理して行きリスクを伴うものであることを心得ておくことが大切です。
サラリーマンは毎月給料が入って来ますが、マンションを購入した場合は立地条件が良くないと空室になってそれが長期化する場合には金融機関から融資を受けていてもその返済金に回すことが出来ず、自腹で支払うことになります。
又、空室以外にもリスクは存在します。年月と共に設備機器が劣化して来て取り換え時期を迎えたり、内装工事や外壁のリフォームを行わなければやはり入居者に去られてしまうこともあり得ます。リフォームや修理・修繕には多くの費用がかかり、家賃収入が入って来てもそちらの方へ回さなければならないこともあり得ます。
建物が古くなると周辺地域の同規模の条件の近い賃貸物件に比較して家賃が高すぎる場合は同じく安い家賃の物件へ変わられることもあり、家賃の値下げを行うこともあります。そうなると返済金に回す計画も変更せざるを得なくなることもあります。
新築物件を購入するには資金もそれだけ多く必要となりますが、実質利回りが低いとこれも困ったことになり、これも投入資金を回収するにもおぼつかない状態になります。
又、不動産投資を行っていて適切な時期にこれを売却することになりますが、立地的に人気の土地とか鉄道駅近く、あるいは沿線ぞいであると資産価値も高く、建物を取り壊したとしても資産としての土地が残りますから、自分の希望する事業に資金投入したり自宅を建てるということが出来ます。しかし、資産価値の高いところでない場合には購入時よりも安く売却しなければならなくなりますので立地についてはアパートやマンションの1棟購入の場合注意することが大切になって来ています。
少子高齢化の時代に入ったと言われだして久しいものですし、最近は地域によっては人口減少も進行しています。従って不動産業者も募集を掛けるのにも工夫を要する時代になって来ていることも知っておく必要がありそうです。
参考資料不動産の一括査定を申し込む前に読んでおきたい3つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です