不動産投資に役立つアプリ活用術

不動産投資において、毎月の賃料収入を得る戦略も大事ですが、戸建だったり、デザイナーズ賃貸マンションだったり、複数の物件を所有している場合はキャピタルゲインを狙って物件を売却することも重要になります。
不動産を購入する際にはどのような価値があるのかよく吟味してから購入することが重要ですが、売却する際にはより戦略的に行うことが大切です。まずはどのような不動産会社に協力してもらうのが良いか、日ごろから不動産会社の営業担当と交流しておくのが売却を円滑に進める上でポイントになります。
営業担当との連携がうまくいけば、物件を売却する際のアピールポイントを内覧者に対して説明しやすくなり、印象度もより深まりますので、パートナー関係を構築しておくことはとても重要です。

内覧者に対して物件を魅力的に見せるポイントとしては、アピールできるポイントを洗い出しておくことがまず一つです。自分が考えるアピールポイントだけでなく、第三者である営業担当者からの視点でアピールポイントを列挙してもらうことも大切です。自分の観点だけでは分からない物件の良さを導き出してくれることもありますので、決して一人だけで考えないようにしましょう。
二つ目は内覧前の整理整頓です。当然ですが内覧の際にその物件が整理整頓されていなければ物件としても魅力はどうしても見劣りしてしまいますし、自分が購入者の立場になった場合でも雑然とした中身に対して購入意欲が出るはずもありません。多少面積が少ない物件でもきれいに維持できている物件は優良な物件として印象に残りますので、内覧前には必ず清掃を怠らないようにしましょう。またインターネットに広告を載せる場合は内装の状態を載せる方が印象度が良く、写真編集アプリ等で明るめに修正しながら多少綺麗に加工することも有効です。スマートフォンにあらかじめインストールされている標準アプリでも十分活用できます。
三つ目は物件のネガティブな情報は先に伝えておくことです。どんな物件でもポジティブな要素とネガティブな要素の両面を持っていますが、先にポジティブな内容を聞くよりもネガティブな内容を聞いてからポジティブな内容を聞く方がネガティブな内容を許容できるケースが多いようです。人間の性格においても性格に難のある人が少し良い行いをしているという情報を聞くと格段に印象度が良くなるように、不動産においても先にネガティブな情報を聞いてからポジティブな情報を聞く方が印象度は良くなるのです。
このように不動産投資を行う上で物件の売却をスムーズに進めるためには以上の3つのポイントを念頭に戦略を立てることが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です