不動産投資にはアドバイザーの資格が成功に必要か

不動産投資アドバイザーや宅地建物取引士といった関連する資格を取得することが不動産投資の成功に必要かという疑問を抱く人は大勢います。確かにアドバイザーとしての知識があって損をすることはありませんが、それが成功につながるとは限りません。不動産売買のデータベース「不動産適正取引推進機構」とは?という記事からもわかるように、このような専門家が得意としているのは取引の円滑化です。消費者の橋渡しをして不動産の売買や仲介などを円滑にしたり、その間で起こりやすいトラブルを防止したりするためのノウハウと法律的な知識を獲得することが資格の取得につながります。利益を上げられるようにするための知識を手に入れるためのものではないということは理解しておく必要があるでしょう。

実際には役には立っても決定打にはならないのが不動産投資アドバイザーや宅地建物取引士などの資格です。資格を取得するために不動産取引や投資に関連する基礎知識を広く網羅的に理解しなければなりません。消費者に対してわかりやすい説明できる程度に深く理解を進め、実際に世の中で使われている具体例についても押さえておく必要があります。利回りとは一体何かということを詳しく理解していれば物件を選ぶときに役に立つのは確かです。不動産に関連する税金についてよく知っていれば節税を行うことが簡単であり、利益を大きくするのに活用できます。アドバイザーとして活躍できるほどに知識が豊富になっていればそれだけ不動産投資に成功する可能性を高められるのは確かです。

しかし、投資による利益を上げるための基礎知識だけであれば資格を取得しなくても覚えることはできます。また、取引をうまくできるようになるための知識があったとしても、それが利益を生むことに直結するわけではありません。取引に関する知識よりも実際に運用している人の経験やノウハウの方が成功につながる要素となります。あくまで知識を獲得するためのプロセスとして利用するのであれば問題はありませんが、アドバイザーになれるようになったからといって成功できるわけではないことは肝に銘じておく必要があります。利益を上げるためには社会について目を向ける必要性も高く、机上の勉強だけでは対応できない面が多いからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です