一棟買いをする不動産投資の魅力

物件の種類について理解することは不動産投資の方法を選ぶ上で重要になります。デザイナーズ賃貸マンションやアパート一棟などの収益物件を購入するのが基本的な方法ですが、買い方にも二通りがあるので知っておくと良いでしょう。マンションでよく行われている営業方法として増えているのが区分マンションの販売であり、マンションの一部屋だけを購入して賃貸経営を行うことができます。それと対比的に考えられるのがマンションの一棟買いによる不動産投資です。どちらの方が必ず優れているということはなく、自分にとってメリットの大きい方を選ぶことが重要になります。

一棟マンションの魅力は利益が大きく、リスク分散が可能であり、さらに売却をしやすいという点にあります。いくつもの部屋を使って賃貸経営をすることができるのが区分マンションとの違いになります。これによって家賃収入が大きくなるのは確かでしょう。入居者が増えれば増えるほど大きな利益を上げられるようになるのが一棟買いのメリットです。それに加えて空室ができたときのリスクが分散されるのは一棟買いの魅力であり、なかなか収入がゼロということにはなりません。区分マンションの場合には入居者が出ていってから次の入居者が見つかるまでは収入がゼロになります。しかし、いくつもの部屋を使えると収入が一時的に減るだけで済み、次の入居者を募集するのにそれほど焦らなくても良くなるのが魅力です。

一棟マンションを使って不動産投資をしてきたときに売却をしやすいのは中古マンションを買いたいと考えたときに一棟買いを考える人が多いのが一つの理由です。それに加えていざマンションが古くなりすぎて倒壊寸前という状況になってしまったとしても、マンションを解体して土地を売ることができます。それを不動産投資の終わりのときと考えて運用をすることもできるでしょう。不動産売却の仲介では、なぜ営業マンとの信頼関係が大切なのか?についても合わせて理解しておくと売却を考えたときに迅速に高値で売ることができる可能性が高まります。信頼できる営業マンを味方につけるとうまく不動産を売れるように努力してくれるだけでなく、もし解体した方が売れる可能性が高い場合にはその提案も受けることができるので信頼関係を築くようにしておくのが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です