たった一万円でもできる不動産投資とその特徴

自己資金がほとんどないから不動産投資はできないと考えてしまう人もいますが、必ずしもその考え方は正しくはありません。たった一万円しかなくて運用できるかわからないという状況であっても不動産を利用した投資を行うことはできるようになっています。確かに一万円しかない状況では不動産を購入することはまず不可能であり、マンションを購入して賃貸経営をするというような一般的な形での不動産投資を行うのは困難です。しかし、自分の資金だけでマンションを購入するのは不可能であっても、同じような人が大勢いれば購入することはできます。そのような考え方から不動産投資ファンドや投資信託を利用することができるようになっているのです。

ファンドなどの基本的な仕組みは大勢の出資者を集めることによって、少額の資金を大きな資金にし、それを運用会社が使用して利益を生むというものです。その利益に応じて出資者には出資額に比例する形で配当金が与えられるようになっているので、大きな出資をした人ほど大きな利益を得ることができます。このような仕組みで不動産を扱っている場合には、通常は出資されたお金をマンションなどの購入や建設と賃貸経営のための管理費用に使用し、家賃収入が出資者に還元されるという形になっているのが一般的です。良い物件を運用していれば安定した家賃収入が得られるため、出資したときにも得られる利益が大きくなるという仕組みになっています。

しかし、ファンドなどを利用するときに気をつけておきたいのはデザイナーズ賃貸に投資したい、と考えていても自分では物件を選ぶこともできず、管理や売買に関与することもできないという点です。買い手も気になる不動産の売値に影響する「環境瑕疵」の注意点から学べる点があります。運用している建物の周辺環境が良くなければ借り手がつかないというのは明らかであり、それが理由で建設したマンションなどを売ってしまって利益を生み出そうとするときもあるでしょう。そのときに環境瑕疵が指摘されてしまうと重大な損失を生むリスクがあります。環境的に好まれないものになっているということを隠して高く売ろうと考えてしまうとその説明がなかったことにより瑕疵責任が問われることになります。これによって損失を生み、ファンドで利益が得られなくなる危険性もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です