不動産に投資する意味、メリットとデメリット

働いて収入を得ていても、貯金する余裕がある人は限られています。60歳で退職すると考えた場合、その後必要になる費用は約3000万円と言われています。この金額は若い内から貯金してないと到底貯まりません。収入が少ない人が3000万円貯めようとしたら、不動産投資で稼ぐのが良いと考えられます。不動産投資で建物や土地を購入すれば、経営による収入で稼ぐことができます。建物ならマンションやアパートの貸し出しで賃貸収入が得られます。土地ならコインランドリーやトランクルームなどを建設して、施設経営で収入を得られます。どちらも利用者の利用頻度によって収入が変動します。そのため、不動産を購入するときは周辺の環境や地域の人口をリサーチするのが重要だと考えられます。

不動産に投資する意味はお金を稼ぐことと、死んだ後に親族に資産を残してあげられることです。マンションやアパートを購入すれば長期間の収入源となります。それに加えて、定期的な設備維持やメンテナンス、改修や改築を行えば、一般的に定められている耐用年数よりも長く建物を利用できます。こうした特徴から、収入を生み出す安定資産として、不動産を所持する意味は大きいと言えます。毎月経営で収入を得られれば、それだけで大きなメリットになります。さらに、土地は常に一定以上の価値があるので、売却で収入を得ることができます。購入時の土地価格よりも売却時の土地価格が高ければ、それだけで大きなリターンとなります。仮に土地価格が下がっていても、経営で十分な収入を得ているなら損はしていないと言えます。

不動産投資を始めるときに大変なのは、高額な初期費用を用意することです。例えば、土地を購入してコインランドリーを建設しようと考えたら、初期費用として2000万円は用意しておきたいです。この金額を個人で用意するのは大変です。しかし、金融機関のローンサービスを利用してお金を借りれば、比較的簡単に不動産投資を始められます。金融機関でお金を借りたときのデメリットは、借りた金額だけでなく、金利によって発生する利息も合わせて返済することです。借りた金額よりも返済金額は高くなるので注意が必要です。それでも、不動産の経営で安定した収入を得られれば、ローンを完済するのは簡単であると言えます。コインランドリーの経営は毎月の収入が50万円程度得られるので、初期費用の2000万円を4~5年で完済することができます。このことから、投資によるデメリットよりもメリットの方が上回っていると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です